オンラインレッスン始めました!詳しい情報はこちら

目指せ-10歳の後ろ姿!バランスボールで背中すっきり4つのステップ

こんにちは!バランスボールインストラクターのまちゃこです!

今回は、バランスボールで背中の見た目をすっきりさせる方法について書いていきたいと思います。

ある日、息子がいたずらで私の写真を撮っていました。

どんな写真撮ったのかなと、フォルダを開いたら・・・。

なんじゃこりゃ~~!!!

背中、丸すぎる!猫背こんなにひどいの?

ものすごく太って見える~(涙)

と、ショックを受けました。

私はレッスン中に生徒さんの写真や、お子さんの写真を撮っています。

思い出になりますよね、ママの写真って、産後本当に少なくなるんです。

ふとした時にとった写真を、生徒さんが見られたときにこう話されたんです。

「私って、こんなに背中丸いんですね…。背中意識しようと思いました。」

産後は特に、自分の写真が少ないから、客観的に見ることが少ないんですよね。

でも、猫背が人い、背中が丸いとすごくかっこ悪く感じてしまうんです!!

これは何とかしなければ!!

今回は背中をきれいに見せるためのバランスボールを使った4つのステップをご紹介します。

まずは一度、後姿をチェックしてみてくださいね。

自分の後ろ姿を、お気に入りの姿にしていきますよ!!

さぁ!一緒にやってみよう!!

もくじ

背中美人になるために一番大切な姿勢!

-10歳の背中にするために一番大切なこと。

それは姿勢です。

姿勢を整えるだけで、見た目の印象が変わるのは一目瞭然。

姿勢を意識した背中。

姿勢を意識していない背中。

気になるのは、背中のお肉だけじゃなくて、わきのあたりの「ハミ肉」(はみ出した肉)や腰回りのお肉も気になります。

姿勢を整えているだけで、こんなにも後ろ姿が変化するんですよ!

全然!違う!

また、姿勢を整えるメリットは見た目以外にもたくさんあるんです。

姿勢を整えるって大切!まだまだあるよ
姿勢を整えるメリット
  • 猫背や反り腰など、改善が期待できる
  • 内臓が正しく位置し、機能アップ
  • 呼吸が深くなる
  • おなか周りを意識できるので体幹が付く
  • 自律神経が整う
  • 姿勢にまつわる筋肉が動き、体を動かすエネルギーをつくる

姿勢を整えるメリットはとてもたくさんあります。

背中美人になって、-10歳の後ろ姿にするためにも、まずは姿勢を整えて内側へもアプローチしていきましょう!

背筋をピンと伸ばし、いつも前かがみになっている肩回りを後ろへ引き下げてみてください。

子育てしていると脱や授乳で猫背になりがち。

子育て中のママ!子供を抱っこしているとき、背中はこんな状態に。

人形を抱っこするよ!

背中、とにかく丸い!!猫背の後ろ姿はどう見えますか?

抱っこしてる時の後ろ姿なんて気にしてなかった!

仕事していても、家事をしていても姿勢を保つことはなかなか難しい。

だけど、この姿勢を保つための筋肉こそ、-10歳の後ろ姿のために、とても大切になります。

もちろん、子育て中のママだけでなく、オフィスワークの女性、立ち仕事の多い女性も、猫背になりがちなので、姿勢を意識していきましょうね!

ステップ1 背中を鍛えて姿勢をキープする筋肉を付けよう!

姿勢が崩れる原因は、姿勢を保持するための筋力が不足していることが考えられます。

姿勢を保持する筋肉は、よく耳にする「体幹」のこと。

要するに、「体幹が弱い」と言えるんですね。

今回は背中のトレーニングをご紹介していますが、おなかの筋肉や、その他の体幹部分となる筋肉(横隔膜や骨盤底筋、腹横筋など)もバランスよくトレーニングすることが大切です。

ほかのトレーニング動画も参考にしながらバランスよく行っていきましょう。

今回紹介している背中トレーニングの動画の中は、3段階で負荷をかけられるように紹介しています!

自分に合った負荷を選んでトレーニングしていただけたらと思います。

1.まずはボールの前で立て膝します。

膝は腰幅に開き、つま先は床をとらえます。

2.膝を持ち上げて、つま先立ちになるようにします。

3.両手で、ボールを押すように、上半身を持ち上げます。

背中の筋肉や、腕周りの筋肉を使います。

胸の前も気持ちよく開きましょう。

4.難易度をあげます。

両手を広げて、背中を持ち上げた姿勢をキープします。

5.さらに難易度をあげます。

両手を真上に万歳するような姿勢をとります。

足が滑りやすいので、壁に足をつけ、動かないようにして行うとよいです。

※腰や背中に違和感がある場合は、トレーニングを見合わせましょう

ステップ2 巻き肩改善も、後姿-10歳へのカギ!

「巻き肩」という言葉を聞いたことはありますか?

猫背によって、肩回りも前に巻き込んでしまう状態のこと。

肩こりがひどい方にも多くいらっしゃいます。

私もその一人で、肩回りはしっかり内側に入っていました。

巻き肩も、背中をより丸く見せてしまう原因になるので、改善していきたいですね!

何十年としみついた巻き肩を直すべく、今も頑張っています!

その巻き肩を改善すべく、バランスボールを使って、肩回りをほぐしながら動かす運動を入れていきます。

カチカチになってしまっている肩回り、動かしてほぐしていきます。

1.足幅は腰幅に開き、ボールを真上に持ち上げます。

肘を伸ばしてね!

これだけでも、背中が伸びるよ~!

2.肘をまげてボールを後ろに倒します。

顔が前に出ないように、肘が横に開かないように中止。

3.何度か繰り返していきましょう!(無理のないように!)

ステップ3 背中をほぐす!背中のストレッチ

普段から姿勢が悪いと、背中周りの血流が悪く、背中こり・肩こりになりがちです。

肩こりの原因は、猫背の姿勢であることが多いんです。

重い頭を首や背中で支えますので、その姿勢が続くことで筋肉に負担をかけているんです。

ストレッチして筋肉をほぐし、しなやかな背中を手に入れていきます。

1.ボールの前に正座します。

2.ボールを転がして・・・

3.両腕の間に頭を入れ込んで、背中を伸ばしていきます。

ステップ4 背中のお肉を落とすには、有酸素運動がオススメ!

背中についてしまったお肉を、落としたい!!

姿勢を整えても、筋トレをしても、やはり気になる背中のお肉。

脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的です。

背中周りの筋肉を動かし血流をアップさせながら、バランスボールに座って弾んでいきましょう。

息の上がる中強度の運動を20分以上行うことで、中性脂肪が燃え始めます。

有酸素運動は、脂肪燃焼効果が期待できる運動ですから、背中のお肉を落としたい場合には欠かせませんね!

バランスボールで-10歳の後ろ姿!まとめ

ご紹介した5つのステップ!

まずは姿勢を確認してからスタート!!

背中が丸いと、後姿の印象が全く違うものになります。

一気に背中が+10歳に!!

-10歳の背中を目指す!バランスボールで5つのステップ!
  1. 背中トレーニング
  2. 巻き肩改善
  3. ストレッチ
  4. 有酸素運動
やってみよう!

今回はこれらの4ステップをご紹介しました。

猫背を改善して、巻き肩を調整し、余分なお肉を落としていくステップで、-10歳の背中を手に入れるために挑戦してみて下さい。

ちなみに私は、忘れていることもありますが、背中を意識して生活することが増えました。

普段から姿勢を正すこと。背中を動かすこと。

この二つを意識して、普段のレッスンをすると、肩回り、背中周りがすっきりしてきます。

ガチガチだった背中も、毎月通っていたマッサージに行かなくても良くなるほど改善しました♪

楽しく、バランスボール習慣、初めてみてくださいね!

一人でなかなか続けられない方も大丈夫!

mirai parkでは、オンラインレッスンも行っています。

ぜひ一緒に、バランスボールで運動習慣をつけていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる