オンラインレッスン始めました!詳しい情報はこちら

インストラクター激推し!バランスボールブランド「ギムニク」ってどんなボール?

こんにちは!バランスボールインストラクターの、まさこです!!

私がバランスボールのレッスンをしていると良く聞かれる質問NO,1なのが、

「このボールはどこで買えますか?」です。

そして、私がレッスンで使っているバランスボールのメーカーをよく聞かれます。

私が使っているのは、「ギムニク」というブランドのバランスボール。

こちらのバランスボールは、弾む・筋トレ・ストレッチ・椅子など様々な使い方ができます。

そして、「弾む」をメインに使用した場合に、運動強度がしっかりと確保できるものになります。

今回は、バランスボールインストラクターおすすめの「ギムニク」のバランスボールについて紹介していきます。

もくじ

おすすめブランド「ギムニク」ってどんなボール?

ギムニクは、インストラクターである私も使用しているバランスボールブランド。

こちらは、レッスンでも使用しているバランスボールです。

このボールの特徴は、「程よい硬さ」です。

バランスボールといっても、柔らかいものから、硬さのあるものまで様々です。

レッスンにいらっしゃる多くの方から「家にあるボールと全然違います!!」との声が。

量販店で売られていたり、「座って弾む」ことを目的としない場合には、柔らかいボールが多いんです。

そのため、

  • 座ったときの沈み込みが深い。
  • 空気を入れても張りが出ないことが多い。
  • おしりが沈んで、骨盤をまっすぐに立てづらい。
  • 弾む運動には向いていない。太ももの筋肉や関節に負担がかかる場合もある。

など、注意が必要です。

また、ゴムに厚みもあり、しっかりとした安定感。

また、座った時の沈み込みが少ないので、弾みやすい!

もちろん、筋トレやストレッチにもお使いいただけます。

椅子として座る場合も、姿勢を意識し、骨盤を立てて座りやすいです。

こちらがギムニクプラスです。

ギムニクプラス 55センチ

ギムニク(GYMNIC)
¥5,104 (2021/06/12 16:28時点 | Amazon調べ)
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピング

ギムニクプラスの特徴

耐荷重 300キロ

材質 ノンフタル酸 塩化ビニール

重さ 850グラム

サイズ展開 55センチ、65センチ、75センチ

アンチバーストタイプ 万が一穴が開いた場合、破裂せずにゆっくりと空気が抜ける品質のことです。

≪NPO法人 日本Gボール協会認定≫
≪公益財団法人 日本学校体育研究連合会認定≫
≪日本体操学会認定≫

ギムニククラッシック 55センチ

ギムニククラッシックの特徴

耐荷重 300キロ

材質 ノンフタル酸塩化ビニール

重さ 850グラム

サイズ展開 
30cm ピンク、赤【特注カラー】 
45cm 黄色
55cm 赤、ライム
65cm 青
65cm 赤【特注カラー】
75cm 黄色

こちらはアンチバーストタイプではありません。

厚み2mm以上の肉厚で硬い素材でできており、弾力性・反発力が強くスポーツ選手やアスリートなどのトレーニング用として使用される事もあります。

≪NPO法人 日本Gボール協会認定≫
≪公益財団法人 日本学校体育研究連合会認定≫
≪日本体操学会認定≫

ギムニクプラスとギムニククラッシックとの違いは?

実際のところ、どう違うのでしょうか。その違いは3つ!

  1. バーストタイプ or アンチバーストタイプ
  2. 硬さ
  3. サイズ展開の豊富さ

まず一番大きな違いは「アンチバーストタイプであるかどうか」です。

ギムニクプラスは、もし万が一穴が開いた場合でも、ゆっくりしぼむタイプです。クラッシックは穴が開くと割れてしまうので、注意が必要です。

次は「硬さ」です。

ギムニククラッシックの方がより硬いものになります。一緒に入っている商品パンフレットには、ギムニククラッシックが「ハード」、」ギムニクプラスは「ミディアム」との記載があります。

より硬いほうが運動強度が高いタイプと言えるでしょう。

最後は「サイズ展開の豊富さ」です。

実は、ギムニククラッシックの方がサイズ展開が豊富です。

お子様のボールの購入をお考えの場合は、必然的に、ギムニククラッシックのボールになるでしょう。

まずは、自分の身長にあったボールを選ぶことも大切!

購入する際に、一番に知っておきたいのが、適正サイズ。

身長別にサイズがある程度わかりますので、参考にしてください。

身長ごとに見たボールのサイズ

  • 30センチ 1m35cm未満
  • 45センチ 1m35cm~1m54cm
  • 55センチ 1m55cm~1m69cm
  • 65センチ 1m70cm~1m84cm
  • 75センチ 1m85cm~2m04cm

このように、目安があります。ただし、ボールの空気の入れ具合によって、多少大きさが変化します。

お子様とボールを共有したい。空気の入れ具合で可能な場合もありますので以下の記事を参考にしてみてください。

ボールの空気の入れ具合の記事はこちら

インストラクターオススメのブランドで、家でもレッツバランスボール!

いかがでしたか?

  • ギムニクのバランスボールは、他のブランドと比べて程よい硬さがあり、弾みやすい。
  • ギムニクプラスは、アンチバーストタイプで安全性がある。少し柔らかい。
  • ギムニククラッシックは、アンチバーストタイプではないが、硬めで運動強度は高い。

という特徴があります。

とにかく、座りごこちが全然違う!

せっかくなら、正しい姿勢が取りやすい、しっかりしたボールをオススメしたい。

また、安全性も考慮されたもので運動をしていただきたい!

効果が早く表れることに期待ができますよね。

少しお値段が気になりますが、お値段以上の使い方をしていただけますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる